読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山梨縣髙等學校應援連盟

e-mail kououren@gmail.com

第8回応援団発表会_応援メッセージ_HP掲載

f:id:ouen_yamanashi:20151230081041j:plain

連盟HPに応援メッセージを掲載しました。

(一部不適当と判断させていただいたものは削除しましたが、各校へはすべて報告いたします)

応援団発表会においては、毎回ご来場の方々より、各校への暖かいご声援をいただき感謝申し上げます。このメッセージが団員らの励みとなって更なる精進を期待するものでもあります。

運営に対するご指摘に対しても真摯に向き合い、改善に向けて努力したいと考えます。

しかし、皆様にご理解をいただきたい点として、

①運営(事前のポスター、パンフレット製作をはじめ会場の照明関係・音響・呼び出しなど)は、すべて各校の顧問で行っています。確認は、直前のリハーサル1回しかありません。また担当になっている顧問は、当日リハーサルから終演まで、ほぼ持ち場を離れることができません。人的、時間的な制約を含み限られた状況の中で、団員らの発表をいかに輝かせるか、最善を尽くしております。

②会場については、コラニー文化ホールでの実施を常に考えておりますが、まず会場を借りるには抽選であること、コストの面からしてもかなり高額(ホール使用料のほかに照明や音響、楽屋などの使用料がかかります)であること、など実施は容易ではありません。入場料を取ったらどうかというご意見を毎回いただきますが、そもそもこの発表会は、減少していく応援団の素晴らしさを広く周知し、応援団に理解を持ってもらい、応援団を志す生徒を1人でも増やすことを目的に始まりました。まずは応援団を「見てもらう」「知ってもらう」ということから入場料は“無料”でと考えています。

③本連盟加盟校は、現在公私立あわせて35校です。うち発表会に参加している、参加した学校は12校しかありません。発表会は連盟が主催に加わっているとはいえ、一部の学校の参加しかありません。また交通費等も支給されず、休日開催ということもあり、全加盟校の運営等への顧問の動員が難しいのが現実です。連盟とすればできるだけ多くの学校に参加してもらうことが必要と考えています。

 

山梨縣髙等學校應援連盟
特別理事 熊谷 栄二